食育について

食事は毎日3回行わなければならないものです。
食育は、知育・徳育・体育の土台です。

 

身体の栄養のみでなく、大切な心の栄養になる場でもあります。発達の段階にあわせて良き指導をすれば、人格形成にも通じる大事なものであります。


意欲ある子どもを育てるためにも食事の場を大切にしたいと考えております。

社会が豊かになり、食べ物を粗末にする傾向がみられます。
日本の食糧の自給率は、毎年低下しています。


無理強いをしてはいけませんが、なるべく残さないよう心がけたいと思います。
ただ、食事の量は個人差がありますので、少食のお子さんは、保護者と園とで話し合いを行い、園児に適した給食を行 っています。

 

2歳児クラスから箸を使って食べられるようにすすめています。


詳しくはボタンをクリックして下さい